吉田裕一建築設計事務所



YUICHI YOSHIDA & ASSOCIATES

mgrr_009
Date:2012.01
マンション1室のリノベーションです。大きなワンルームのような空間の中にそっと生活の補助線を引くように家具を配置しています。家具のいくつかは可動であり、シーンに合わせて自由に移動することができます。キッチンカウンター及びダイニングテーブルは少しだけ高く、大きめに、逆に床のラーチ合板の割付は少しだけ細かめにするなど、少しだけ過剰にしたものを集めそれらを各部位に丁寧に配置していくことで、どれがいわゆる「あたりまえ」のスケールなのかわからないような状態を目指しました。この「あたりまえ」のスケールがわからない部屋では、視覚的に錯覚が起こり、居る場所によって広く感じたり狭く感じたりします。ワンルームという変化の乏しくなりがちな空間の中で、視覚的な広さの変化と補助線を自由に引き直すことの組み合わせによって新しい自由度のある生活をつくりだそうとしました。
Type:Housing
Produce:Suma-Saga-Fudosan Inc.
Staff:Yuichi Yoshida
Location:Tokyo,Japan
Floor area:49.92㎡
Contractor:TANK
Photo:Daici Ano
Media:LiVES Vol67、LiVES VOL69、Casa BRUTUS2013年3月号

0 comments
Submit comment